暇人専科 N川上流 忍者ブログ
HIMABITO SENKA  オジンの備忘録...かな?
[51]  [50]  [48]  [49]  [47]  [46]  [45]  [44]  [42]  [41]  [40
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

単調な林道歩きが続く・・・遥か下に川床を望む。N川本流だ・・・この峪は深い・・・林道からの落差
は数百メートルあるだろうか。流れは太く荒々しい。風に揺れるアザミの紫色が綺麗・・・快晴だ・・・

やがてS岳を望む地点を通過する。稜線では草紅葉が始まっているようだ。 K岳を左手にして
ほどなく進むと川との落差もなくなり、川岸右手の仙道を通過・・・ようやく本日の目的地に到着だ。



天幕を設営し、遅い昼飯・・・もう4時だ。夕まずめを楽しもうか・・・結局、釣果5匹、綺麗な岩魚だ。

夜中に小用で外に出ると満点の星、久し振りに天の川を仰いだ。闇から動物の眼が光っている。
プーさんではないな?ライトを向けると去って行った。LEDライトを点滅したまま寝袋にもぐった。

早朝、寒さで目が覚めた。気温2度・・・天幕の前は沢が流れている。朝食を作りながら今日を想う。
上流部、行けるところまで行ってみようか。BOZEでなければいいだろう。



沢の出会いから竿を出す・・・1投目で岩魚をキャッチ・・・幸先良い?・・後も続くことを願うばかり・・・
テンカラ師が追い抜いて打ち合わせどうりL俣に進んで行った。僕はR俣だ。

小滝の連続は腰を痛める・・・上流に行くほど岩魚の白点が少なくなる。崩壊地点を過ぎ、さらに
上へ・・・ニンフとアントを交互に流す・・・沢が右にカーブした地点でやっとヤマトらしき岩魚が釣れた。

流れが細くなった所で最後の岩魚・・・小さいが背中に白点がない・・・ここで標高は2100M位か。

もっと上へ行けば純粋な尺ヤマトもいるだろうが、ウェーダーに穴が空いた・・・程々にと言っている。
釣りをしてのんびり写真など撮っていられない・・・熊が見ているかもしれぬ。命あってのモノダネだ。

今回、釣れた岩魚は思ったより小さかった。(下手なせい。) 出会った釣り師は4人、R俣はおそらく
毎日一人以上は遡行?注意しても多少は荒れていく・・・自分も影響を?正直、気分は複雑だ・・・

                            END
                                                                              COMMENT                                                           
                                                                      































PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
[10/19 年金暮らし]
[10/18 Tombi]
[10/06 年金暮らし]
[09/19 Tombi]
[09/12 年金暮らし]
最新記事
(01/05)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
doppo
HP:
性別:
男性
職業:
家事手伝い
趣味:
暇つぶし
ブログ内検索
アーカイブ
最古記事
(08/07)
忍者ブログ [PR]